沖縄県那覇市首里にあるプロテスタントのキリスト教会

ブログ

コラム 「ぶどうの木とその枝のつながり」

夏が来ました。季節はいつもの風景を今年も与えてくれます。ところが、コロナ禍は我々の「集い」に新たな風景をもたらしました。「オンライン(配信)での集い」です。これは私たちの教会に限らず、コロナパンデミックが世界中の「集い」 …

コラム「祈りをうながされて」

新年早々、車事故を起こしてしまい、運転する怖さがメンタルを弱くしてしまいました。 自宅から歩いて25分ほどの所に公園があり、平日の午前中は、人影もまばらでベンチに座っていると鳥の声、シロツメ草の花、そよ風が私を癒してくれ …

首里バプテスト教会の7月の祈り

祈りの場所は一つではありません。たとえ、それぞれ異なった場所にいたとしても、その祈りは決して個々人の祈りに終わることはなく、共にある祈りとなります。み言葉は一人一人の祈りのうちに光の輪を作り、主イエスキリストと父なる神様 …

コラム「未来につなぐ平和のことだま」

5月末に、沖縄バプテスト連盟女性会「平和をつくり出そう」特別委員会の編集で、戦争体験証し集『未来につなぐ平和のことだま』が出版されました。首里バプテスト教会からも6名の姉妹があかしを寄せてくださり掲載されています。戦争を …

コラム 「ただ愛だけが」

今年の平和の詩で、上原美春さんが「平和な世界はわたしたちがつくるのだ」と力強く詩っています。召された方々の慰めを祈るだけでなく、今を生かされている私たちが、「平和をつくる」ことそのものが真の慰霊だと教えられます。それはヨ …

コラム 「花の日によせて」

6月第二主日を「花の日」として、これまでも花かごを作りお届けしてきました。由来は、米国マサチューセッツ州チェルシイ市のメソジスト教会で始められた、持ち寄った花を子どもたちが携えて、地域の病院や施設を訪問するプログラムです …

コラム 「素朴な信仰」

緊急事態宣言がなされ、会堂での礼拝もしばらく持てなくなりました。また、外出も制限され、これを機に読書をする方も多いかと思います。 読書をすると直ぐ寝てしまう私でも、以前にトルストイの寓話集は眠らずに読みました。有名なのは …

「最上のわざ」 ヘルマン・ホイヴェルス

過日、柴田良行牧師が説教で取り上げられたヘルマン・ホイヴェルス神父の詩「最上のわざ」をご紹介いたします。 「最上のわざ」 この世の最上のわざは何? 楽しい心で年をとり、働きたいけれども休み、しゃべりたいけれども黙り、失望 …

首里バプテスト教会の6月の祈り

「平和」は言葉として私たちの中にあり、その言葉を知らない人はほとんどいないと思われます。もちろん、聖書の中にもあります。ただ「平和」の実現ということになると、非常に困難なことであることを私たちの歴史は証明しています。また …

コラム 「この間も共に」

本日から、6月20日まで緊急事態宣言下に置かれることとなりました。引き続き、これまで留意してきたことをお互いに大切にし、続けて歩んでまいりましょう。 これまで、緊急事態宣言発令下においては、会堂での礼拝を休止してきました …

1 2 3 35 »
PAGETOP
Copyright © 首里バプテスト教会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.