沖縄県那覇市首里にあるプロテスタントのキリスト教会
ブログ

主日礼拝

1月19日主日礼拝 説教「兄弟が共に」

詩編133篇1~3節 詩編133篇は、都に上る歌と書いてありますが、イスラエルの人々が長いバビロン捕囚(捕虜としてバビロニアに移住させられていた)から、イスラエルの国へ帰還する際の歌といわれています。ですから、やっとエル …

成人式

生まれる前から教会の中で祈られ、成長してきたHさんが、成人式を迎えました。礼拝が終わる前に到着して、晴れ姿を見せてくれると一同感激でした。これまで育んでくださった神さまも、誰よりもうれしく思っておられることでしょうね。首 …

1月12日 説教「あなた方の中で」

フィリピの信徒への手紙1章3~11節 フィリピの手紙は、獄中書簡でありながら喜びの手紙と呼ばれています。パウロは福音伝道の志半ばで捕らわれ、自由に伝道できない状況なのですが、しかし、そのパウロから喜びが伝わってくるのです …

1月5日 2020年最初の主日礼拝

新年最初の主の日を迎えました。 新年ではありますが、1月6日の公現日を前にクリスマス降誕節の光の中での礼拝です。公現日は、伝統的なキリスト教の暦で東方の学者が誕生したイエスを礼拝した日とされます。公にイエスが現わされたこ …

2019年最後の主日礼拝

クリスマス礼拝が終わっても、教会は降誕節を過ごしています。クリスマスの降誕劇では、羊飼いの後にすぐ東の国の学者たちが、赤ちゃんイエス様を礼拝しに来るのですが、教会の暦では1月に入ってから来ることになっています。また、新し …

クリスマス礼拝メッセージ

「分かち合おう、喜びを」ルカによる福音書2章8~20節 柴田良行牧師 昨日の子どもクリスマスでは、大人が降誕劇に挑戦しました。50~80代の大人たちですから、素早い動きはできませんが、大の大人が一生懸命取り組む姿は子ども …

説教「決意」

ルカによる福音書1章46~56節 クリスマスは、「決意」に満ちています。 クリスマスは、神の決意からはじまります。 神は、人を愛し抜かれることを決意され、かつてはご自身が創造されたことを深く後悔されたような愚かで罪深い人 …

説教「インマヌエル:神はわれわれと共におられる」

マタイによる福音書1章18~25節 マタイによる福音書は、アブラハムの系図から始まります。この系図には、4人の女性の名があり、旧約聖書のエピソードから人間の痛みと悲しみの歴史を知ることができます。神は、イスラエルに目を留 …

12月1日の主日礼拝をしました。

今年のカレンダーでは、12月1日が主の日。アドベントの第1週となります。アドベントクランツの一本目に灯がともされて、主日礼拝をします。 毎年、11月最終日曜日から12月第一日曜日が、「世界バプテスト祈祷週間」で、首里バプ …

11月24日の主日礼拝

ヨハネによる福音書15章11~17節から「わたしがあなたがたを」という説教でした。 この15章は、13章で弟子たちの足を自ら洗われた主イエスさまが、十字架を前に死を覚悟して語られた「惜別説教」ともいわれています。 当時ユ …

1 2 3 8 »
PAGETOP
Copyright © 首里バプテスト教会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.