沖縄県那覇市首里にあるプロテスタントのキリスト教会
ブログ

講壇花

3月22日の主日礼拝

「証し」とは、自分の人生に起こった出来事を、信仰という視点で見直した時に見えてくるイエス・キリストの働きかけを、言葉にしてあらわしたものです。クリスチャンであってもなくても、神さまからの働きかけ、聖霊の働きは起こっていま …

3月15日主日礼拝 「友よ」(裏切者?イスカリオテのユダ)

コロナウイルス対策で窓を開け、挨拶の握手もしないで過ごしている礼拝。高齢の方の出席が減っていて、少し寂しいのですが、祈りでつながっていると信じて礼拝します。 昨日の光の子幼稚園卒園式の立派なお花がきれいです。卒園した19 …

3月8日主日礼拝

卒業を迎えた中高生たちが、たくさん参加してくれて嬉しい礼拝でした。4月から始まるそれぞれの新しい歩みが祝されるように祈っています。 説教は、「御心のままに」マタイによる福音書26章31~46節。イエスさまが、十字架を前に …

3月1日の主日礼拝

新型コロナウイルスの影響を心配していましたが、何名かはお休みでしたが、いつも通りの主の日を過ごすことができました。 今日は、3月第一主日でしたので「主の晩餐式」をしました。残念ながら、パンとぶどう汁を配ることは断念しまし …

2月9日主日礼拝 講壇の花

今日の礼拝説教は、信徒の柴田かおりさんが「からし種」という題でお話されました。イエス様が民衆にお話をするとき、ユーモアをもって、時には風刺や皮肉、パロディを使われて、苦しい立場の民衆たちに笑いをもって話されたイエス様だっ …

1月26日主日礼拝

今日の礼拝では証がありました。証とは、クリスチャンが個人の信仰の人生に起こった出来事の中に主イエス・キリストが働かれたと信じる信仰の証言です。今日は、U.Sさんがご自身の人生・信仰生活に起こった、ある試み・試練について話 …

1月19日主日礼拝 説教「兄弟が共に」

詩編133篇1~3節 詩編133篇は、都に上る歌と書いてありますが、イスラエルの人々が長いバビロン捕囚(捕虜としてバビロニアに移住させられていた)から、イスラエルの国へ帰還する際の歌といわれています。ですから、やっとエル …

成人式

生まれる前から教会の中で祈られ、成長してきたHさんが、成人式を迎えました。礼拝が終わる前に到着して、晴れ姿を見せてくれると一同感激でした。これまで育んでくださった神さまも、誰よりもうれしく思っておられることでしょうね。首 …

1月12日 説教「あなた方の中で」

フィリピの信徒への手紙1章3~11節 フィリピの手紙は、獄中書簡でありながら喜びの手紙と呼ばれています。パウロは福音伝道の志半ばで捕らわれ、自由に伝道できない状況なのですが、しかし、そのパウロから喜びが伝わってくるのです …

1 2 3 7 »
PAGETOP
Copyright © 首里バプテスト教会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.