沖縄県那覇市首里にあるプロテスタントのキリスト教会
ブログ

週報コラム

コラム 「主に祈ること」から

11月の全体会では「高齢や病気により教会へ来ることが困難になっている教会員への牧会」「青年会や中高生会の活動支援」「新たに加わった教会員へのケア」等々、今、私たち首里バプテスト教会が直面する課題を共有し、組織の在り方を見 …

コラム 「神の喜びに覆われて」

2019年最後の主の日を迎えました。この1年をゆっくり振り返るときとしたいと思います。なによりも、私たち一人ひとりが与えられた命を歩んだことを、お互いに確認しあい、励まし合いたいのです。そして、私たちの真ん中にいてくださ …

コラム 「あなたと分かち合いたい!クリスマスの喜びを!

ずっと待ち望んでいたクリスマス。最初に天使は、神から最も離れているとされていた羊飼いたちにクリスマスのグッドニュースを伝えました。街道に集い、聖書に精通し「神に近い」と自負している人のところではなかったのです。それが、ル …

コラム 「希望の光から」

11・12月の各部会では次年度の主題・主題聖句が検討され、決まった部もあると聞きました。 いろいろとそのことを思いめぐらしていく中で、今年度の主題聖句であるマタイ25章40節bが迫ってきます。(「はっきり言っておく。わた …

コラム 「かけがえのない今」

日曜の朝、教会に入り、礼拝し、賛美し、いつものように「今日」は始まり、「今ここに」います。そしていつものように御(み)言葉に耳を傾けます。この御(み)言葉は「今」ここにありますが、「昔」にもありました。「昔」もこれは語ら …

コラム 「待ち望みつつ」

先週は佐々木和之さん、ヘレンさん、オクターヴさんたちと主の日の礼拝、また午後の特別講演会の時をもてましたことを感謝いたします。 神さまが与えてくださる希望は、この私が召されたら何もかも終わってしまうのではありません。世代 …

コラム 「平和と和解のために」

本日お越しいただいた佐々木和之さんは、ルワンダでの大虐殺後の「癒しと和解」のために仕えてこられました。また、プロテスタント人文社会科学大学(PIASS)教員として平和・紛争研究科設立に尽力され、次世代の平和を担う学生を育 …

コラム 「祈りを共に」

水曜日の祈祷会では、『聖書教育』誌を基に聖書の勉強を行いますが、『聖書教育』では、各週に週題と聖書個所があり、週題と聖書個所について柴田牧師がわかりやすく説明をして下さいます。その後に参加している教会員の方が感想を述べる …

コラム 「バプテスト女性祈祷日を覚えて」

今年の世界祈祷日は、各国女性連合の祈りの課題を皆で読めることに感謝しています。 9月のOBCミッションセミナー講師のカン先生が「世界のクリスチャン人口は、ヨーロッパ・アメリカなどの先進国で減少し、アフリカやアジア、貧しく …

コラム 「世代を超えて『共に』」

本日青少年礼拝にあたって、奉仕を引き受けてくれた皆さんに感謝しています。イエス様は年を重ねた方にも、小さな子どもたちにも「あなたが真ん中だよ」と、語りかけてくださいました。きっと、今日の礼拝もイエス様喜んでおられるでしょ …

1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © 首里バプテスト教会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.