爆発的な感染拡大の中にあって、教会役員会では各家庭での主日礼拝に切り替えることを取り決めました。期限を当面、1月30日(日)までとし、再度状況に応じて判断いたします。しばらくは会堂には集まれませんが、主が私たちを結び付けておられることを信じて、共に歩みましょう。そして、お互いに感染から身を守る歩みを続けてまいりましょう。

あまりにも急激な感染状況にどの現場においても対応が追い付いていないのではないかと想像します。医療従事者、行政の方々のためい祈りましょう。今、感染している方々のために、このコロナ禍で厳しい状況に置かれている方々のために。そして、自分たちだけでなく、世界の人々のために祈りましょう。

「わたしは、こう祈ります。知る力と見抜く力とを身に着けて、あなたがたの愛がますます豊かになり、本当に重要なことを見分けられるように。」(フィリピ1:9~10)柴田良行牧師 2022年1月9日週報